ダイコン連結エキパイ

私のW3購入時についていた連結エキパイ。

私はW1SA前期用の非連結エキパイに交換したので不要になっていた。しかし錆がひどいし、おまけに凹みがあるため売ってもたかが知れていると思いそのままガレージの肥やしになっていた。すると、W仲間のとらのすけさんが欲しいというので譲ることに。とらさんからはCB500T用のリバースコーンエキパイを譲って頂いていたので実質物々交換です。

私の自宅までサイドカーでやって来られました。恰好いいですね。男の乗り物です。しばし単車談義をした後、エキパイをカーに乗せて帰って行かれました。とらさんは連結エキパイがお好きのようで、このW1SAもそうでした。排気音も若干おとなしめですね。ジェントルな音です。

私もいつかサイドカーに乗りたい!

今は、時間もお金も置き場所もなく、ないないづくしです。

とらさん、サイドカーにケーキを積んできてくれました。お土産だそうです。聞けば、別冊オールドタイマーなどバイク雑誌の世界では有名な柳原編集長のご親戚が経営しているケーキ屋さんが西宮にあるらしい。そこのケーキ。家族で美味しく頂きました。マジで美味しかったです。

Wの輪、いいですね~。仕事から離れて趣味のつながりは人間味が溢れます。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    とらのすけ (火曜日, 24 3月 2015 21:15)

    日曜日に早速取り付けして走りましたが、トラクター又は
    ブルトーザー的な音で低速トルクが増して、乗り易いので
    気に入りました。へこみは有るものの全体に程度が良いので大切に使い続けたいです。
    ありがとうございました。

  • #2

    まつ (水曜日, 25 3月 2015 08:35)

    ブルドーザー的な音!面白い表現ですね。なんとなくイメージがわきます。倉庫の肥やしになっているより、エキパイもさぞかし喜んでいることでしょう。へこみもご愛嬌、楽しんでください。
    CB500Tにも早くリバースコーン早くつけてみたいと思います。