The Jazz Lady Live in ビルボード大阪

ボーカル五十嵐はるみ、サックス小林香織、ヴァイオリン牧山純子、ピアノ宮野寛子、ベース中村尚美、ドラム飯塚理恵というすべて女性のジャズバンド。

17:30の第一ステージ開場に間に合うよう、会社をフレックスで退社。予約番号は14番だが、最前列の席を確保することができた。今回、小林香織氏のテナーサックスを初めて聴いた。女性だけのジャズバンドだけに衣装の演出があったり(2回着替えタイムあり)、演奏が優しく、非常に艶やか、華やかなステージだった。

小林香織氏がメインだった”黒のオルフェ”、私もぜひ吹いてみたい。